ガスコンロで調理をすることの醍醐味

近頃はオール電化の家も増え、IHが主流になりつつあります。しかし未だにIHコンロではなくガスコンロ派だという人たちの声はよく聞かれます。まずガスの良いところは、視覚で炎を確認できるということです。炎で焼いている、炎で煮込んでいるいう風に、調理をしている感覚がIHに比べて格段にあります。しかし炎も鍋やフライパンの横から少し逃げてしまい、その分熱伝導率は落ちますが、やはり調理ということを意識させてくれる炎が見えることは大きな喜びです。そしてガスコンロならではの荒業は、肉を焼くときにアルコールを入れて炎を出すフランベです。アルコールを注いだ瞬間に、フライパンの中に炎を入れて一気にアルコールを飛ばします。この醍醐味はガスコンロでなくては味わうことができません。ほかに炎を使って部分的に焦げ目をつける調理法もあります。長所を大いに活用しましょう。

ガスコンロのメンテナンス

IHの調理台の需要が増える理由には、安全性以外にもメンテナンスのしやすさもあります。コンロ周りは毎日調理に使うため、料理や油の汚れなどが気になる箇所です。毎回の調理ごとに軽く掃除をしなければなりません。そして料理の吹きこぼしなどはすぐに拭き取らなければ落ちにくくなります。従来のガスコンロは炎の吹き出し口周りに汚れを受けるような皿状のパーツがあり、その上に鍋を支える鋳型があります。いざ吹きこぼしを片付けようと思えば、全てを分解して洗わなければなりません。非常に面倒くさくって大変です。それに比べるとIHの場合は、フラットな表面をお湯で絞った雑巾で拭き取ればいいだけです。そんな掃除の簡単なところもIHブームに拍車をかけました。しかしこの頃のガスコンロも進化して、受け皿がなく、フラットな面に鍋を乗せる型があるような簡素なつくりになりました。IHの調理台に作りが近くなってきています。そのためにお手入れが格段しやすくなりました。

ビルトインのガスコンロの寿命

ガスコンロも日進月歩、どんどんと新しいものに改良されていってます。しかし一般家庭のシステムキッチンにつえ付けてあるものにはある程度寿命があります。だいたい10年を目安に何らかのトラブルが発生し、交換しなければならなくなります。むかし、調理台の横に置いて使用していたガスコンロはもっと使っていたのに、最近はすぐにダメになってしまうと嘆く方もたくさんいます。確かにむかしのものは、ただ炎が出てそこに鍋谷フライパンを置くだけといったシンプルなものでした。発火時に必要な少量の電気の供給用の乾電池さえ交換すれば、非常に長く使うことができました。しかし、油の過熱防止のための自動停止機能などの安全装置が備わっていませんでした。今のガスレンジは安全機能がついている分、トラブルも起きやすく、早めに買い替えが必要となります。

ソニーミュージックプロデューサー陣によるスキルチェックプログラムが人気!自分の強み弱みが分かります。 好きな時好きな場所で!”歌のウェブレッスン始めませんか?ソニーミュージックボイトレが月額500円。 カラオケ上達!ソニーミュージックのウェブボイトレ! ソニーミュージックスタッフがあなたにアドバイス! 月額500円(税抜き)でソニーミュージックのオンライボイストレーニングが見放題! ボイストレーニングの新サポートはWEBレッスンです